new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

販売期間
2024/01/31 12:00 〜 2024/03/07 17:59

3月7日(木)19:00-20:30 連続講座「日本のかくれた国宝仏~東北・九州・そして東京!~」<第1回>

1,500円

※こちらはダウンロード商品です

jpiconline_2024030719.pdf

158KB

こちらのページでは下記のイベントのお申し込みをしていただけます。 ・決済完了後にPDF(ファイル名:jpiconline_2024030719.pdf)のダウンロード(※)をお願いします。 ・ダウンロードし内容をご確認の上、開催時刻になりましたら記載のURLからご視聴ください。 ※ダウンロード方法についてはページ最下部をご覧ください <イベント> 連続講座「日本のかくれた国宝仏~東北・九州・そして東京!~」<第1回> ○日 時 第1回 3月7日(木)19:00-20:30 ○配信方法:Vimeoにて配信【オンライン】 ⇒決済完了後に参加証(PDF)のダウンロードをお願いします。開催時刻になりましたら、記載のURLからご視聴ください。 ※見逃し配信につきましては、開催後から同じURLにてご視聴いただけます(配信期間:4月21日まで) ※配信プラットホームは変更になる場合があります ○参加費:1,500円 ※お申し込み後のキャンセルは承れませんので、予めご了承ください 〜講座について〜 【1回:中尊寺金色堂の謎】  平安時代、都の平安京では浄土式庭園をもった寺院が多く造られました。この時代は浄土への憧れから王侯貴族たちが阿弥陀如来のいる極楽浄土を具現化していたのです。その中に安置された阿弥陀如来像は、「和様」といわれる日本的な仏像でした。こうした都の息吹は、地方へも伝わりました。奥州藤原氏が築いた中尊寺金色堂(岩手県)には、黄金に輝いた建物の中に阿弥陀如来、地蔵菩薩などの国宝仏が安置されています。阿弥陀如来と地蔵菩薩がなぜ一緒に安置されているのか。金色堂に隠された謎に迫りたいと思います。 <講師プロフィール> 村松哲文(むらまつ てつふみ) 1967年東京都生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程満期退学。早稲田大学会津八一記念博物館を経て、現在駒澤大学仏教学部教授。禅文化歴史博物館長。専攻は仏教美術史・禅美術。著書に『趣味どきっ!―アイドルと巡る仏像の世界―』(著書・NHK出版)、『かわいい、キレイ、かっこいい たのしい仏像のみかた』(監修・日本文芸社)、『駒澤大学仏教学部教授が語る 仏像鑑賞入門』(集英社新書)などがある。 <ダウンロード方法について> https://faq.stores.jp/hc/ja/articles/360044830312--%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E8%B2%A9%E5%A3%B2-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-#h_3f7d06f3-7b36-490b-b639-cbf31a98f020

セール中のアイテム