new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

川原繁人さん連続講座「オトナたち!子どもと言葉の不思議に飛び込もう」<全3回>

¥4,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

jpiconline_20220903_20220917.pdf

391KB

こちらのページでは下記のイベントのお申し込みをしていただけます。 決済完了後に視聴URLを記載した参加証(PDFファイル)がダウンロード可能になります。ダウンロードしていただき内容をご確認の上、開催時刻になりましたら記載のURLからご視聴ください。 <イベント> オトナたち!子どもと言葉の不思議に飛び込もう 講師:川原繁人さん(音声学者) ○日時 第1回 9月3日(土)  13:00-14:30 第2回 9月10日(土) 13:00-14:30 第3回 9月17日(土) 13:00-14:30 ○配信方法:Zoomにて配信【オンライン】 ※見逃し配信の視聴方法につきましては、開催後一週間以内にご案内いたします(開催日から1ヶ月間はご視聴いただけます) ※配信プラットホームは変更になる場合があります ○参加費:4,000円(全3回セット割) ※お申し込み後のキャンセルは承れませんので、予めご了承ください。 決済完了後に参加証(PDF)のダウンロードをお願いします。 開催時刻になりましたら、記載のURLからご視聴ください。 〜講座について〜 人はどうやって声を出しているの? 赤ちゃんはどうやって言葉を身につけるの?  子どもの“言い間違い”はどうして起こる?  子育て真っ最中である音声学者・川原繁人が解き明かす、最も身近で不思議な音とことばの世界。 かつて子どもだった人、子どもにかかわる人なら誰もが楽しめる、言語に関する素朴なナゾが解ける連続講座です 【一日目:「素晴らしき音声学の世界へようこそ!」】 5月に刊行された書籍『音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む』の概観です。 ――少女アニメに潜む音声学の原理とは!? ――哺乳行動から見えてくる、ことばの不思議って? 私たちはどのように音声を発しているのか、その基礎を楽しく学びましょう。 【二日目:「子どもの言い間違いには意味がある!」】 もう少ししっかり音声学入門。 ――音声学者が日本語ラップの韻をじっくり分析してみたら……!? ――言語学者夫婦、子どもたちの言い間違いを大事に保護。 ――子どもの言い間違いには理由がある! 「ブッコロリー」「とうもころし」かわいい子どもの言い間違いに潜む規則性とは…? 【三日目:「音そのものにも意味がある」】 ――柔らかい音とげとげしている音? ――濁音=大きい、汚い? 音そのものに意味はあるのか? この古代から続く論争に、現代音声学の観点から光をあてます。無意識に抱いている言葉の印象に潜む、音声学的メカニズムとは!? 三日目は、みなさまからの質問にお答えします。 我が子の言い間違いエピソードなどもお寄せください。 <講師プロフィール> 川原繁人(かわはら・しげと) 1980 年生まれ。 1998 年国際基督教大学に進学。2000 年カリフォルニア大学への交換留学のため渡米、ことばの不思議に魅せられ、言語学の道へ進むことを決意。 卒業後、再渡米し、2007 年マサチューセッツ大学にて博士号(言語学)を取得。ジョージア大学助教授、ラトガース大学助教授を経て、2013 年より慶應義塾大学言語文化研究所に移籍。 現在、教授。専門は音声学・音韻論・一般言語学。研究・教育・アウトリーチ・子育てに精を出す毎日。 趣味はヨガ・ファスティング・筋トレ、および娘たちと一緒に歌ったり踊ったりエアロビしたり。 著書に『音とことばのふしぎな世界』(岩波科学ライブラリー)、『「あ」は「い」より大きい! ?』(ひつじ書房)、『フリースタイル言語学』(大和書房)など。