連続講座『この本読んで!』学びの時間<全4回通しチケット>
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

連続講座『この本読んで!』学びの時間<全4回通しチケット>

¥4,400 税込

※こちらはダウンロード商品です

jpic-online20210821_20220122.pdf

157KB

こちらのページでは下記のイベントのお申し込みをしていただけます。 決済完了後にダウンロード可能となるPDFファイルに記載のURLからご視聴ください。(見逃し配信も同URLから視聴可能です。) 既に開催済みの第1回・第2回につきましても記載のURLから受講いただけます。 <イベント>*すべて見逃し配信あり* 連続講座『この本読んで!』学びの時間 第1回:8月21日(土)10:30~11:45 ──「防災×SDGs×絵本」(講師:弘田惠子さん) 第2回:10月23日(土)10:30~11:45 ──「生涯の友となる本と出合う 絵本から読みものへ」(講師:白坂洋一さん) 第3回:11月20日(土)10:30~11:45 ──「医療にかかわる子どもの笑顔のために CLS(チャイルド・ライフ・スペシャリスト)とは?」(講師:天野香菜絵さん) 第4回:2022年1月22日(土)10:30~11:45 ──「絵本のある空間 いたばしボローニャ絵本館」(講師:大橋 薫さん) ○参加費:4,400円【全4回視聴】  ※お申し込み後のキャンセルは承れませんので、予めご了承ください。 ※決済完了後、視聴URLを記載した参加証をダウンロードいただけます。開催時刻になりましたら、記載のURLからご視聴ください。 ○配信方法:Vimeoにて配信【オンライン】 ※見逃し配信は、イベント終了後イベンと同じURLからご視聴可能です。(開催日もしくはURL取得日から1カ月間はご視聴いただけます。) 〜講座について〜 絵本と読みきかせの季刊誌『この本読んで!』にて好評連載中の「子どもたちの未来にSDGs絵本」「支援の必要な子と絵本」「絵本のある空間」、そして80(秋)号の特集「生涯の友となる本と出合う 絵本から読みものへ」の企画と連動したオンライン連続講座が8月より開講します。 第1回「防災×SDGs×絵本」 9月の「防災月間」に合わせて、SDGs絵本から「防災」について学んでいきたいと思います。JPIC読書アドバイザーであり、防災士やSDGsエデュケーターの資格をお持ちの弘田惠子さんに、「防災」に関するSDGs目標や、地域で活動されている防災士について、関連絵本を紹介しながら解説していただきます。 第2回「生涯の友となる本と出合う 絵本から読みものへ」 筑波大学附属小学校 白坂洋一先生をお迎えし、現役の小学校国語科教諭として、実際の授業で行った読書推進の取り組み、また学校図書館司書との連携などを語っていただきます。「子どもたちを読書好きにするため」に私たち大人ができることを探っていきましょう。 「読書の魅力を知っている子は強い!」とおっしゃる白坂先生。3人の子の父でもあるご自身と子どもたちとの読書の関わり合いについてもお話を伺います。 第3回「医療にかかわる子どもの笑顔のために CLS(チャイルド・ライフ・スペシャリスト)とは?」 通院や入院によって病院という「非日常的な環境」に置かれた子どもや家族が、その環境を上手に乗り越えられるよう、心理社会的なサポートを行う専門職に、CLSがあります。埼玉県立小児医療センターの天野香菜絵さんに、現場でどのように絵本を活用しているのかなど、お話を伺います。 第4回「絵本のある空間 いたばしボローニャ絵本館」 2021年3月にリニューアルオープンした板橋区立中央図書館。その一画に世界の作品が3万冊も所蔵されている「いたばしボローニャ絵本館」があります。絵本の豊富なラインナップはもちろんのこと、それだけではない、考え抜かれた建物や本棚の配置などについて、館長の大橋薫さんにお話を伺います。 <講師プロフィール> 弘田惠子(ひろた けいこ) 助産師として長年母子に寄り添う。高知市で20年間民間保育園を経営し、現在保育・看護の非常勤講師や母子相談員・絵本講座講師として、自身も老若男女と仲間づくり中。JPIC読書アドバイザー、絵本専門士、SDGs認定エデュケーター、防災士。 白坂洋一(しらさか よういち) 筑波大学付属小学校国語科教諭。1977年、鹿児島県生まれ。鹿児島県公立小学校教諭を経て、2016年より現職。著書に『子どもを読書好きにするために親ができること』『この1冊で身につく!一年生の国語読解力』(ともに小学館)など。 天野香菜絵(あまの かなえ) 埼玉県立小児医療センター チャイルド・ライフ・スペシャリスト。アメリカ Louisiana Tech University を修了後、チャイルド・ライフ・スペシャリストの資格を習得。帰国後、2012年より現職。 大橋 薫(おおはし かおる) 板橋区立中央図書館長・いたばしボローニャ絵本館長。1999年4月板橋区に事務職主事で採用。地域振興、児童政策、保育事業などの所属を経て2016年4月課長昇任、2018年4月から教育委員会中央図書館長に就任し移転改築事業を所管。