{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2021/09/30 23:59 まで販売

《見逃し配信》高木和子さん「源氏物語を読む」

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

jpic-online20210710.pdf

1.71MB

販売終了しました

こちらのページでは下記のイベントのお申し込みをしていただけます。 申込後、視聴URLを記載したPDFファイルがダウンロード可能になりますので、ご確認の上、記載のURLからご視聴ください。 <イベント> 「源氏物語をよむ」 講師:高木和子さん ○参加費:1,320円【視聴のみ】  ※お申し込み後のキャンセルは承れませんので、予めご了承ください ○視聴方法:Vimeoにて配信【オンライン】  ※見逃し配信は、申込日から1ヶ月間はご視聴いただけます。 ○協 力:岩波書店 <講座について> 千年を超えて読み継がれてきた『源氏物語』。色好みの主人公光源氏は、いかにして生み出されたか。一見優美な恋模様の背後に見え隠れする権力闘争とは。流麗な古文の文章を堪能しながら、長大な物語の魅力に迫ります。 <講師プロフィール> 高木和子(たかぎ・かずこ) 1964年兵庫県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。関西学院大学文学部教授を経て、現在東京大学大学院人文社会系研究科教授。『源氏物語』を中心に平安文学を研究。著書に『源氏物語の思考』(風間書房、二〇〇二年、第五回紫式部学術賞受賞)、『女から詠む歌 源氏物語の贈答歌』(青簡舎、二〇〇八年)、『男読み 源氏物語』(朝日新書、二〇〇八年)、『コレクション日本歌人選 和泉式部』(笠間書院、二〇一一年)、『平安文学でわかる恋の法則』(ちくまプリマ―新書、二〇一一年)、『源氏物語再考 長編化の方法と物語の深化』(岩波書店、二〇一七年)、注釈に『和歌文学大系50 物語二百番歌合/風葉和歌集』(明治書院、二〇一九年、三角洋一と共著)がある。瀬戸内寂聴訳『源氏物語』(講談社)の年立・語句解釈を担当。