5月13日(木)19:00-20:30 連続講座「学びの未来」第3回「大学は何処へ」(講師:吉見俊哉さん)
60640ff2baeb3a7e370b1e4b

2021/05/08 12:00 まで販売

5月13日(木)19:00-20:30 連続講座「学びの未来」第3回「大学は何処へ」(講師:吉見俊哉さん)

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

jpic-online20210513.pdf

1.28MB

こちらのページでは下記のイベントのお申し込みをしていただけます。 申込後、視聴URLを記載した参加証がダウンロード可能になりますので、ご確認の上、開催時刻になりましたら記載のURLからご視聴ください。 <イベント> *見逃し配信あり* 連続講座「学びの未来」 第3回「大学は何処へ」(講師:吉見俊哉さん) ○日 時:5月13日(木) 19:00-20:30 ○参加費:1,320円【視聴のみ】  ※お申し込み後のキャンセルは承れませんので、予めご了承ください ○配信方法:Zoomにて配信【オンライン】  ※見逃し配信については、原則開催日1週間以内にご案内いたします。 ○協 力:岩波書店 <講座について> 第3回「大学は何処へ」  コロナ禍で、日本の大学の脆弱性が一気に表面化した感があります。にもかかわらず、世の中の関心は相変わらず、入り口(入試)と出口(就職)ばかりに向けられているのではないでしょうか。長年、大学の本質とは何かを追求し続けてきた著者が、「時間」をキー概念にして、ポストコロナ時代の大学のあるべき姿を大胆かつ具体的に提案します。 <講師プロフィール> 吉見俊哉(よしみ・しゅんや) 1957年東京都生まれ。1987年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在は東京大学大学院情報学環教授。専攻は社会学・文化研究・メディア研究。著書に『都市のドラマトゥルギー――東京・盛り場の社会史』(弘文堂、のち河出文庫)、『カルチュラル・スタディーズ』『視覚都市の地政学――まなざしとしての近代』(岩波書店)、『ポスト戦後社会』『親米と反米――戦後日本の政治的無意識』『大学とは何か』『トランプのアメリカに住む』(岩波新書)、『「文系学部廃止」の衝撃』『大予言――「歴史の尺度」が示す未来』『戦後と災後の間――溶融するメディアと社会』(集英社新書)ほか多数。 <その他のお申し込みページ> ・【全3回】*プレゼント書籍:本田由紀『教育は何を評価してきたのか』 ⇒https://jpic-online.shop/items/6063e6f52305577eda130124 ・【全3回】*プレゼント書籍:今井むつみ『英語独習法』 ⇒https://jpic-online.shop/items/6064022ed263f01ba499d297 ・【全3回】*プレゼント書籍:吉見俊哉『大学は何処へ』 ⇒https://jpic-online.shop/items/6064029da87fc56b2c3e143c ・【第1回】視聴のみ ⇒https://jpic-online.shop/items/60640df9d263f01ba499d579 ・【第1回】視聴+書籍:本田由紀『教育は何を評価してきたのか』 ⇒https://jpic-online.shop/items/606406ead263f01b7299d32f ・【第2回】視聴のみ ⇒https://jpic-online.shop/items/60640f58d5e9c94a5e70052f ・【第2回】視聴+書籍:今井むつみ『英語独習法』 ⇒https://jpic-online.shop/items/606408afd5e9c94aa57002ae ・【第3回】視聴+書籍:吉見俊哉『大学は何処へ』 ⇒https://jpic-online.shop/items/60640a11a87fc56b2c3e162d